紳士的なスポーツとも言われています

スポーツの中でも特に、ルールやマナーに厳しいと言われていますのがゴルフです。

最近では、幅広い年代でゴルフを楽しむ方が増えてきています。

昔からゴルフに携わっている方なら、ゴルフのルールやマナーは当然ご承知の事だと思いますが、まだゴルフを始めて間もない方は、ゴルフのルールやマナーなどをきちんと把握できていない方も中にはいるかと思います。

ゴルフは紳士的なスポーツとも言われていますから、ルールやマナーをきちんと守ってプレイする事が大切です。

そうしないと、周りの方にも迷惑が掛かってしまいますからね。

そうならないように今回は、ゴルフのルールとマナーをご紹介したいと思います。

まずゴルフ場へ行く際の身だしなみや恰好なのですが、昔は必ずジャケットを着用しなければならないというルールがあったほど、身だしなみや格好には厳しくされていました。

現在では、必ずジャケットを着用しなければならないというルールはありませんが、基本的にだらしのない恰好や草履、サンダルなどは絶対にNGとなります。

またゴルフバックは、クラブハウスの係りの方に一旦預ける事になりますので、ゴルフバックには必ず名札を付けるようにしましょう。

その他にも、プレー前の練習を行う際には、必ず前後に人がいないかを確認した上で練習などを行うようにして下さい。

土やクラブが飛んでしまう可能性があり大変危険です。

プレイが始まってからのマナーとしては、プレイ中は1ホールずつ回る事になりますが、そのホールのプレイが終わったら、だらだらしないて速やかに次のホールへ移動するようにしましょう。

その際、カップに旗を立てるのを忘れないように心掛けて下さい。

またショットの際に芝を削ってしまう事が度々ありますが、削ってしまった芝はきちんと埋め直してから先に進むようにして下さい。

それから、ゴルフは基本的に四人一組で行うスポーツですので、一人が遅れてしまいますとその他の同伴者の方々に迷惑が掛かってしまいます。

同伴者を待たせていると感じた場合には、周りに合わせてプレイを行う事も大切です。

プレイが遅れてしまうと後ろの組もつかえてしまい、多くの方に迷惑をかけてしまいますので、コースでプレイをする際には一番心掛けた方がよいマナーかと思います。

また、同伴者がプレーを行っている最中は静かに見守る事が大切です。

おしゃべりをしたり、話しかける何てことはもっての外です。

パタープレイ中の場合は、プレーの邪魔にならないように、プレイしている方の前後や視野の入る所には立たないように気をつけましょう。

その他にも、プレイ中に靴が汚れてしまった場合には、クラブハウスに入る前に必ず汚れを水で洗い流してから入るようにしましょう。

このようにゴルフには、様々なルールやマナーが設けられています。

プレイをする際にはきちんと秩序を守り、周りに迷惑をかけないように心掛けて下さい。