服装のバラエティが増えオシャレを楽しむ

現在では、老若男女問わず多くの方に親しまれているゴルフですが、元々はイギリス発祥の紳士的な大人のスポーツっとされていました。

ですので、クラブハウスによっては異なりますが、現在でも服装などをイギリスの風習に従って定めているクラブハウスも多く存在します。

そういったクラブハウスでの服装は、必ずジャケットを着用しなければいけません。

その他にもシャツは襟付きで、シャツの裾を出す事は禁じられ、短パンの場合には必ずハイソックスを着用しなければいけません。

ジーパンやTシャツ、サンダルで行きますと入場を断られてしまいます。

それが紳士的なスポーツ、ゴルフ本来の元々の規定でした。

ですが、現在では少し規定をゆるめているクラブハウスも存在してきています。

その為、本来のゴルフの服装とは少し違ってきており、ラフなスタイルでプレーを行う方も増えてきました。

基本的に、襟付きシャツの着用などといった服装には、変わりはありませんが、着こなし方が裾を出しても大丈夫になったり、短パンの際にはハイソックス着用でなくてもよいといったクラブハウスも増えてきました。

少し規定がゆるくなった事で、服装のバラエティが増え、オシャレを楽しむ方も多くなってきました。

現在では、ゴルフのファッション雑誌が多数出てるぐらい、ゴルフ=オシャレを楽しむといった考えの方が多くなり、ゴルフの技術よりも服装を気にする人の方が多くなりました。

それはそれで少し問題のような気もしますが・・・・笑ですが、ゴルフウェアには様々なブランドのモノがあり、そのブランドによって、シックなモノから可愛らしいモノまでたくさんの種類が揃えられてて選ぶのも、楽しくなってしまうというのが本音です。

特に女性にとっては、ゴルフウェア選びはクラブ選びと同じくらい重要なモノかもしれません。

好きな恰好でプレイすると、気分も上がり楽しくプレイできますからね。

女の子に人気のゴルフファッションと言えば、ポロシャツにミニスカートや短パン、ハイソックスの組み合わせではないでしょうか。

ゴルフ場で、このようなファッションをしている女の子達をよく見かけます。

雨の日に着用するレインウェアなども、以前とは違いオシャレなものが増えてきています。

その他にも帽子やサンバイザーなどの種類も豊富で、服装に合わせて色々組み合わせを楽しむ事ができます。

近年では、プロゴルファー達のファッションもオシャレ化しファッション雑誌にも取り上げられ、ゴルフの技術だけではなくファッションも見本とされています。

様々な意見はありますが、ゴルフスタイルにかけ離れ過ぎたファッションは問題かと思います。

ですが、許容範囲内でのゴルフファッションを楽しむ事は、悪い事ではないと思います。

オシャレも大切ですからね。

ゴルフは紳士的なスポーツですので、周りの方が不快に思う事は避け、心地よくプレイが出来るよう心掛けましょう。