プレイしている方に迷惑を掛けない

ゴルフをやる上で、ゴルフの知識やマナーを把握しておく事はもちろんですが、もう一つゴルフの心得も知っておく事が必要となります。

心得を知らずにプレイすると、ご自身が恥ずかしい思いをしたり、一緒にプレイしている方に迷惑を掛けてしまう場合があります。

ですので、きちんと心得を把握し頭に入れた上でプレイを行うように心掛けて下さい。

まず最初の心得として、プレイが始まる約30分ほど前には、プレイが出来る状態で待機しておく事が必要です。

コースはグループで回りますので、一人の方が遅れてしまいますと一緒に回る方だけではなく、その他の方にまで迷惑を掛けてしまう事になります。

時間には、余裕をもって行動をして下さい。

ゴルフがスタートし同じグループの方がプレイを行っている最中は、おしゃべりや騒音、雑音は控える様に心掛けて下さい。

ですが、プレイしている方が良いショットを打ち出した場合は、「ナイスショット」などと声を掛ける事も必要です。

また、OBや前の組で回っている方のホール方向にボールが飛んで行った場合には、大きな声で「ファー」と叫んでください。

これはボールが飛んで行った事を知らせる為の大事な声掛けですので、必ず行うように心掛けて下さい。

OBなどでボールを失くしてしまう場合もありますので、ボールはポケットに2、3個必ず入れておくようにして下さい。

その他にも、カートから遠い場所にボールがある場合には、使用しそうなクラブを2、3本持って行くと良いでしょう。

いちいちカートまでクラブを取りに行き来していますと、ご自身も疲れますし、時間のロスにもなりプレイが遅れる原因にも繋がってしまい周りの方にも迷惑を掛けてしまう事になります。

プレイをする際には、機敏な行動をとるように心掛けで下さい。

またボールがバンカーに入った場合には、ボールに近い場所からから入り、打ち終わるまではクラブや手などで砂を触る事は避ける様にして下さい。

バンカーショットの後には、バンカーについたご自身の足跡などを消すために、必ずレーキでキレイに戻してから次のプレイを行って下さい。

グリーン上では、スパイクなどでグリーンを傷つけてしまわないように気をつけて下さい。

グリーンに傷をつけてしまいますと、ご自身のプレイにも周りの方のプレイにも支障が出てしまい、迷惑を掛けてしまいますので最新の注意を心掛けて下さい。

ピンはカップに近い方が抜き、全員がカップインをしたら必ずピンを戻すようにして下さい。

その際、一緒にプレイを行った同伴者の方々に「お疲れ様」と一言あいさつをし、プレイ終了をするように心掛けて下さい。

クラブハウスに戻る前には、必ず靴やクラブについた土や草などを備え付けのエアガンや水などで洗い流してから戻るようにして下さい。

まだまだありますが、大まかにはこれらがゴルフの心得となります。

心得を知らずにプレイを行いますと、周りの方々に迷惑を掛けてしまいますので、きちんと把握した上でゴルフを楽しんで下さい。