ゴルフは技術面よりも精神力

一昔前までゴルフと言えば、セレブ達のスポーツとして親しまれており、一般の方にとってはあまり馴染みの薄いスポーツでありました。

その理由は、プレイ代や会員権などの費用が高額だったため、一般の方には中々手の届きづらいスポーツとされていました。

ですが最近では、小さいお子様や若い年代の方、年配の方々など、老若男女に問わず様々な年代の方に親しまれるようになってきました。

そもそもゴルフとは、止まっているボールをクラブで叩き、ホールあるいはカップと呼ばれている穴にボールを入れるという球技です。

ボールを打つ打数は少ない方がよく、いかに少ない打数でカップにボールを入れる事ができるか競い合うスポーツです。

ゴルフは基本的には一人で行うスポーツですが、コースを回る際には四人一組になって行われます。

その時キャディが一緒にコースを回り、ゴルフを行っている方のクラブを運んだり、カップまでの方向や距離などのアドバイスやサポートをしてくれます。

プロのゴルファーの方ですと、一人に対して一人のキャディが付いています。ですが一般方がゴルフを行う際には、一人に対して一人のキャディが付く場合や、一組に対して一人のキャディが付く場合、キャディを付けない場合などゴルフを行う方が選択をする事が出来ます。

ゴルフというスポーツは基本的には、止まっているボールを打つだけの単純なもので簡単だと思われがちですが、これが意外に難しく、最初はクラブにボールを当てる事も一苦労なのです。

クラブにボールが当たるようになっても、真っ直ぐ飛ぶようになるまではかなりの練習が必要になります。

また飛距離を伸ばすようにしたり、近くの距離でもきちんとコントロールを崩さずに狙いを定める事が出来るようになるまでには、かなりの練習量が必要となります。

基本的に、これらの技術を習得しなければコースでプレイする事は難しいとされています。コースに出る様になりますと、精神面での強さが求められてきます。

実はゴルフと言うスポーツは、技術面よりも精神力の強さを非常に重要とされるスポーツなのです。いくら技術を兼ね揃えていても、コースに出て実力を発揮する事が出来なければ意味がありません。

プロのゴルファーの方でも、精神面でのメンタルがきちんと出来ていなければ、簡単なプレーでもミスを連発してしまい、自分の実力を発揮する事が出来ない場合もあるのです。

プロとしてやるなら精神面も鍛える事が大切です。ですが一般の方が趣味としてゴルフをする場合は、楽しみながらプレイをすると言う事が一番だと思います。

ゴルフは長時間かかってしまうスポーツですので、気の合う仲間たちとワイワイ楽しみながら、絆も深められるスポーツです。

逆に気の合わない方と回る場合は、この長時間がかなり苦痛を要する時間となりますので、一緒に回る方の人選は重要です。

現在でも決してプレイ代は安いとは言えませんが、昔に比べると少しは手の届く範囲にまで近づいてきたかもしれません。もっと多くの方がゴルフを経験し、ゴルフの楽しさを知ってほしいと思います。